2005年06月13日

歴史の勉強はどこで?

発表会レポートvol.1の記事を見ていて気になった部分をひとつ。

ゲーム内にはひとつの世界を作っているものですが、歴史って設定はしてあっても知る方法って少ないですよね。大体は公式ページに少しずつちりばめて載っていることが多いと思います。ゲームによってはNPCが少し喋ってくれる程度。出来ればもっと調べる方法はないのかな〜と。ロールプレイするには世界観があったほうがやりやすいですよね。

今までのゲームは自由度を下げるということでそういう部分を明確にしてこなかったのだと思います。前に私が提案した民主主義制度(?)と全く逆になりますが、作り手が全てを決めて世界観にそぐわないものは取り入れないしユーザーのわめきは聞き入れない、というのも面白いと思います。

ほとんどのところが中途半端なのは柔軟な姿勢を示しているつもりなのかもしれませんが、ゲームの仕様が変更されるのって毎回嫌な気分で見ているんですよね。変わっていくのはしかたのないことではありますが、振り回されるのは非常にしんどいです。そこで方向性をきっちり明言してくれているとやりやすいんですよ。変更点があるたびにやる気が失われることが多いのですが、方向性が決まっていると未来の変更も予想できるためにショックが少ない。

開発側がどういうものを作ろうとしているか、わかりやすい姿勢を示してくれていれば毎回の変更で騒がなくても良いと思うんですよ。変更は教えてくれるけど何故そうしたのかは絶対教えてくれませんよね。さらに日本じゃ数値をあいまいに言い換えてる(韓国じゃ1%アップしましたと書いてあるのに、日本じゃ少しアップしましただけ)こと多いですし・・・。もっと知ってもらった方が良いんじゃないのかなと。

それにしても私はゲームが出来てきてるのに今更どうしようもないことを妄想してる気がします(笑)。日本で言ってもしょうがないんだろうな〜。

前回記事を書くために寝てくださいと書きましたが、休日だということをすっかり忘れていました。前回の文章は突込み所多いですね。

百式さんの記事にもありますが、マップは一本道か色々な場所で狩が出来るかどっちなんでしょうね。私も色々狩ができたほうが楽しいと思います。それと人同士のアイテム取引も散らばっている方が楽しいと思うんですよ。どの場所ではどの強さのものが売っているというのも楽ではあると思うんですが、それよりも色々歩いて探した人が得をする方が良いと思うんです。私は売ったり買ったりが楽しいと思ったのは色々なレベル帯が居る町でした。
posted by 名前が無い at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | グラナド・エスパダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック